ラナクター研究所
   小説や各種ゲームの話題をまったりと語るブログ。なぜか百合風味
  >> ホーム
  >> RSS
ラナクター
Author:ラナクター
FC2ブログへようこそ!
カテゴリ
未分類(0)
小説(3)
ゲーム(6)
ゲーム(電源無し)(0)
マンガ・アニメ(0)
百合(3)
神無月の巫女(6)
過去の記事
2005月07月 (1)
2005月06月 (3)
2005月05月 (6)
2005月03月 (8)
リンク
管理者ページ
サイト内検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク | トラックバック(-) | レス(-)
(--/--/--(--) --:--)

 絢爛舞踏祭
他に類を見ないゲームであったガンパレードマーチの続編にあたる、絢爛舞踏祭が遂に発売されました。惑星改造で水の惑星となった火星で、地球政府に対して独立闘争を繰り広げる潜水艦の乗組員の物語です。戦闘・国際政治・恋愛、さまざまな要素がつまっています。

大変に挑戦的かつ斬新な内容なので、ゲーム好きには是非やって頂きたいゲームです。ただし、前作ガンパレードマーチに輪をかけて人を選ぶゲームではあります。何しろ他に比較対象がないので「取りあえず買ってみろ」としかコメントできないのが心苦しい所ですが。

何といっても圧巻なのは乗組員全員が独立した自我を持って行動し、主人公←→NPCだけでなくNPC←→NPCの人間関係が存在することです。NPCの感情が単純なパラメータで表現されていたガンパレードマーチとは違い、絢爛舞踏祭ではそれぞれのNPCがちゃんとした記憶をもっているため、学習の結果によって全く違った複雑な人間関係が構築されます。
慣れてくれば、行動を通じてNPCの学習を誘導することもできます。

恋愛シミュレーションゲームさながらの展開に持ち込むことも可能ですが、主人公があまり仕事をサボっているとサクッと艦が沈むことがあります。NPCがサボリ癖を学習してしまうとさらに大変です。

主人公は男女1タイプずつから選ぶことができ、同性同士の恋愛関係を築くこともできるようになっています。ただし、同性同士だと主人公の側からキスをすることはできないようです(相手からされることはあります)。ソニーチェック?


スポンサーサイト
ゲーム | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:1
(2005/07/31(日) 18:14)

 アドベンチャープレイヤー
フロムソフトウェアのADVENTURE PLAYERの発売まであと一週間弱に迫りました。PSP上で動くアドベンチャーゲームを自分で作れるということで、昔のゲームブックとかの大ファンのラナクターとしては期待が高まります。取りあえず、ゲームブック風に仕立てた百合ものの話のネタを幾つか考えていますので、ちゃんとしたゲームに仕上がったら公開しようと思っています。

ゲーム | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/06/25(土) 18:27)

 神無月の巫女・第五話 感想
DVDの最終巻が出た今になってというのも何ですが、神無月の巫女第五話(DVD第四巻収録)の感想などを。(ときに、「だいごわ」と打ったら真っ先に「第五羽」に変換されました。皆様も迂闊なところで趣味のバレる誤変換をなさらぬようにご注意を。)

さて、第五話の見所といえばやはり千歌音がソウマを問い詰めるシーンでしょう! 「私ってあなたの何なんだろうね」と眠る姫子に囁きかけ、思い余ってキスしそうになる(注:立派に犯罪です)ところで邪魔され、千歌音は相当頭に来ていた模様。いつもながら鋭いオーディオコメンタリでも突っ込まれていましたが、「八つ裂きにされても、心が砕けても守る」なんてソウマは言ってません。(ソウマなら言いそうなことだ、とは思いますが。)やはり、「心が砕けても守る」というのは千歌音の心の底からの言葉だったのでしょう。見事に7話以降の伏線になっています。

更に大事な伏線、ソウマが姫子に贈った髪飾りに千歌音が目を留めるシーンも、時間的には短いながらも見逃せないポイントでした。典型的熱血少年のソウマや純朴な姫子とは違い、千歌音は短い時間の中で実に繊細かつ多彩な感情を見せてくれます。もちろん、乙羽以外の登場人物は全くそれに気付かないわけですが・・・。

そして最後にツバサ劇場。とかくコミカルなオロチ陣の中で、ツバサとミヤコは浮きまくりです。ミヤコはまだ普通にシリアスですが、ツバサは・・・とにかくエキセントリックな言動が大爆発です。優しく囁きかけたかと思えば殴る蹴るの暴行でソウマをボコボコにし、ついには「俺の色に染まれ」発言。この人は過去のトラウマでこんなにエキセントリックになっちゃったのか、元々そのケがあったのか。「ソウマ君、こんなにならなくて良かったね」と思わずにはいられません。

神無月の巫女 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/06/05(日) 22:10)

 祝「百合姫」発売決定!
 しばらく前から非公式の情報は流れていましたが、百合姉妹百合姉妹の事実上の後継誌である「百合姫」(公式サイト)の7月16日の発売が正式に発表になりました。百合姉妹に輪をかけてアレなタイトルとはいえ、作家陣も殆ど同じ顔触れで、百合姉妹の購読者にとっては嬉しいニュースです。ただ残念ながら、創刊号に紺野キタの名前はありません。二号目以降に期待です。

百合 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/06/04(土) 20:35)

 神無月の巫女・第四話 感想
 第三話に続き、神無月の巫女第四話(DVD第二巻収録)もゆったりとした話で、中盤以降の怒濤の展開に向けたプロローグといった趣です。ソウマと姫子のデートを通じてこの二人の過去と現在に触れつつ、千歌音の複雑な心境と深まる想いを描いています。

 乙羽さんが姫子のバストを図るシーンはサービスシーンとしてちとあざとすぎると思いましたが、千歌音が物凄い真剣な眼差しで姫子の裸を凝視していたのが印象的です。乙羽さんはどういう心境だったんでしょう? 軽い意地悪のつもりで恥ずかしがらせようとしたら千歌音の姫子への想いを再認識する破目になって自分に腹が立った、くらいでしょうか。自業自得かも。

 そしてソウマと姫子のデートシーン・・・(涙)。

 ヒーローとヒロインのデートのエピソードなどというものは、多くの場合、視聴者に主人公と自分を同一視させて安直な満足感を与えるために使われる場合が多いですが、神無月の巫女は違います。これ以上は無いというくらいにベタな二人のデートを演出しつつ、屋敷に残った千歌音の心情を見事に描いています。姫子とソウマのこそばゆい関係にやきもきさせられるのでもなく、逆にしらけた気分で二人を見るのでもなく・・・姫子の笑顔のために自分の気持ちを隠してデートのお膳立てをした千歌音の心情に想いを馳せて、切なさで一杯になってしまいました。千歌音がひとり姫子の制服にブラシをかけて抱きしめるシーンが泣けます。

 短いシーンながら、お茶のシーンの乙羽さんも、千歌音への気遣いが溢れていて良いですね。

 最後は一の首ツバサのロボがソウマロボと対峙した所でエンドロール。いつもながら各話のラストシーンにかぶるようにエンディング曲が始まるのが素晴らしいです。

神無月の巫女 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/05/14(土) 19:08)

次のページ
最近のエントリー

絢爛舞踏祭(07/31)
アドベンチャープレイヤー(06/25)
神無月の巫女・第五話 感想(06/05)
祝「百合姫」発売決定!(06/04)
神無月の巫女・第四話 感想(05/14)


最近のコメント



最近のトラックバック

RPGの1日:Final fantasy VII advent children prolog(10/04)
ゲーム情報局:(07/28)
るかの記録:ロマンシングサガ(06/30)
fuukaのブログ:ガンパレードマーチ(01/28)
エンタメポータル:ロマンシング サガ(03/19)


Copyright © 2004 ラナクター研究所. All Rights Reserved.
Powered By FC2BLOG / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。