ラナクター研究所
   小説や各種ゲームの話題をまったりと語るブログ。なぜか百合風味
  >> ホーム
  >> RSS
ラナクター
Author:ラナクター
FC2ブログへようこそ!
カテゴリ
未分類(0)
小説(3)
ゲーム(6)
ゲーム(電源無し)(0)
マンガ・アニメ(0)
百合(3)
神無月の巫女(6)
過去の記事
2005月07月 (1)
2005月06月 (3)
2005月05月 (6)
2005月03月 (8)
リンク
管理者ページ
サイト内検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク | トラックバック(-) | レス(-)
(--/--/--(--) --:--)

 神無月の巫女・第三話 感想
 神無月の巫女第二巻収録・第三話、この話はどちらかというとゆったりとした話ですが・・・何気に終盤への重要な伏線がありますね。全話を一回見終った後で見直すと、感慨深い内容です。

 姫子が千歌音の屋敷で暮らし始めるくだりは、姫子・千歌音・乙羽の人間関係が効果的に描かれていて良いですね。しかし、千歌音のパジャマを着て「千歌音ちゃんの匂いがする・・・(赤面)」って、姫子・・・。既にラブラブです。この状況を予期しちゃう(しかし対処に失敗する)乙羽さんも面白いですが。

 姫子が悪夢を見た直後に部屋にやってくる千歌音って、一体何をやってたんでしょう? 合理的な説明がつくのは1)たまたま姫子の部屋に訪ねてきたところだった(就寝後なのに)、2)盗聴していた、3)盗撮していた、4)廊下で聞き耳を立てていた、ぐらいなんですが・・・。まあ、姫子の様子が何となく気になって部屋の前までやってきてしまい、しかし何をするでもなく廊下でうろうろする、あたりが順当なのかもしれませんが。

 学校のイジメのシーンが非常にあっさりと流されているのは個人的に高得点です。そういう周囲の環境を説明するだけはしておく一方で、時間を掛けずに流すことでテンポを良くするというのはこのアニメ全体に通じる姿勢のようです。学校でのイジメシーンなんて、過去の映画・アニメで腐るほど描写されていますし、今さら視聴者の興味を惹くように演出するのは至難の業ですし。

 千歌音が巫女服を交換しようと提案するシーン、女の子らしい心境を自然に表現する一方で終盤の重要な伏線になっているとは・・・参りました。千歌音の方が姫子よりも早く前世の記憶に覚醒しているということの伏線でもありますね。

 浜辺で貝合わせを説明するシーンも、千歌音の隠された心情が伝わってきて実に良いシーンですね。中盤~終盤にかけて視聴者が何度も思い出すシーンでもあります。第七話とか・・・。このへんも、もし姫子の感が鋭くて千歌音の心情を見抜いてしまったら話が終わっています。

 千歌音の心情を演出するのにたっぷりと時間がかけられているのに対して、戦闘は例によって実に短くあっさりと流されているのもこの作品の特徴ですね。「ヒーローが敵に勝つ」という、少年漫画・アニメでカタルシスを呼び起こすための定番といえる展開が、千歌音の心情を主体とした三角関係の演出のためだけに存在しているというのは、全く斬新です。
スポンサーサイト

神無月の巫女 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/05/08(日) 18:47)

<<神無月の巫女・第四話 感想 | ホーム | 神無月の巫女・第二話 感想>>

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://glinn.blog4.fc2.com/tb.php/13-c5c20b19


最近のエントリー

絢爛舞踏祭(07/31)
アドベンチャープレイヤー(06/25)
神無月の巫女・第五話 感想(06/05)
祝「百合姫」発売決定!(06/04)
神無月の巫女・第四話 感想(05/14)


最近のコメント



最近のトラックバック

RPGの1日:Final fantasy VII advent children prolog(10/04)
ゲーム情報局:(07/28)
るかの記録:ロマンシングサガ(06/30)
fuukaのブログ:ガンパレードマーチ(01/28)
エンタメポータル:ロマンシング サガ(03/19)


Copyright © 2004 ラナクター研究所. All Rights Reserved.
Powered By FC2BLOG / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。