ラナクター研究所
   小説や各種ゲームの話題をまったりと語るブログ。なぜか百合風味
  >> ホーム
  >> RSS
ラナクター
Author:ラナクター
FC2ブログへようこそ!
カテゴリ
未分類(0)
小説(3)
ゲーム(6)
ゲーム(電源無し)(0)
マンガ・アニメ(0)
百合(3)
神無月の巫女(6)
過去の記事
2005月07月 (1)
2005月06月 (3)
2005月05月 (6)
2005月03月 (8)
リンク
管理者ページ
サイト内検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク | トラックバック(-) | レス(-)
(--/--/--(--) --:--)

 (続き)ロマンシングサガの話
さて、リメイクが発売される予定の初代ロマンシング サ・ガは、主人公を中心としたストーリー志向のRPGでありながら、8人の候補の中から一人を主人公として選び、残りの7人はNPCとして主人公の話に関わってくるという、コンシューマゲームとしては意欲的な狙いの作品でした。また、ストーリー志向でありながら自由度が高く、世界中を旅しながら好きなキャラクターを仲間にして好きな場所で好きなイベントをこなすことができるという魅力的な特徴を持っていました。

しかし、ゲームの停止やセーブデータの消失といった重大なものを筆頭として、ロマンシングサガには異常なまでにバグが多く、また話しかけても「一切」何も応答しないNPCが多数いるなど、未完成部分が目につく作品であることも事実です。さらに、フィールド上でモンスターを目視して回避できるというシステムが採用されていますが、ダンジョン内のモンスターの数が異常なまでに多く、誇張では無しに部屋にびっしりとモンスターが集中して膨大な数の戦闘をこなす破目になるなど、明らかにプレイテスト不足の状態でリリースされています。このダンジョン内でのフラストレーションは結果としてプレイヤーから再プレイの気力を奪い、イベントの不足も相まって、「一本のゲームで8回楽しめる」という当初の目論見とは逆に、「1/8の量のゲームを1回分しか楽しめない」という印象をプレイヤーに与えることとなりました。今回のリメイクの成否は、ゲームシステム上のリファインと、イベントの追加にかかっているのではないかと思います。

続編であるロマンシング サ・ガ2は、前作とはゲームシステムを一変し、一層特徴的な作品に仕上がりました。主人公は没落した帝国の王子で、継承法と呼ばれる古代の秘術で転生を繰り返しながら、帝国の運営と悪の討伐を行っていきます。敵は七英雄と呼ばれる伝説の勇者たちで、邪悪な意図をもって世界に舞い戻ってきました。主人公が志半ばで倒れたり、あるいは領土拡張に伴う政務のために老衰死したりした場合には、その魂が次の皇帝に受け継がれ、七英雄が全て倒れるまで安息の日は訪れません。この、主人公も含めてパーティ編成が変わっていくというシステムはこのゲームが始めてではありませんが、前作から受け継いだ自由度の高さにより、プレイヤーによって全く違った帝国の歴史が紡がれていくという点は実に斬新だと思います。主人公の後継者はかなり自由に選べますし、各地方をどこからどのように攻略するかも全て自由、七英雄を倒す順番すらも自由です。また、戦いの途中で新しい必殺技を閃くというシステムが初めて導入され、単調になりがちな戦闘に新しい要素を持ちこみました。

もちろん、ロマンシング・サガ2に欠点がないわけではなく、前作から受け継いだものも含め多数の欠点が有ります。まず、システム上のバグは前作ほどではありませんが、NPCの会話量はやはり少なく、説明不足な点が多く見受けられます。また、前作同様に物理戦闘と魔法のバランスが悪く専業魔法使いが殆ど役に立たない点、敵と味方のHPバランスが悪く、敵が使ってくる必殺技が味方を全滅させることが多々ある点など、やはりプレイテスト不足が否めません。

三作目のロマンシング サ・ガ3では、ゲームシステム的にはロマンシングサガ1に回帰しており、やはり8人のキャラクターから一人の主人公を選ぶという形になっています。戦闘中に必殺技を閃くというシステムが導入されている他は、ロマンシング・サガ2とは殆ど接点がありません。また、閃きシステムの導入と多数追加されたミニゲームを除けば、ロマンシングサガ1との違いも希薄です。残念ながら、共通イベント・キャラクター別イベントともに依然として不足しており、ゲームバランスやストーリーにも未完成の部分が目立つなど、不満の残るゲームとなりました。目玉であったはずのマスコンバットとトレードは、ミニゲームとしての完成度の低さもさることながら、ゲーム本体に殆ど影響を与えないため、存在意義が脆弱です。
スポンサーサイト

ゲーム | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:0
(2005/03/17(木) 14:34)

<<(続き)サガフロンティアの話 | ホーム | SAGAとロマンシング・サガとサガフロンティアの話>>

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://glinn.blog4.fc2.com/tb.php/6-8985fe9c


  ロマンシングサガ
ロマンシングサガ『ロマンシング サ・ガ』(Romancing Sa・Ga)は、1992年1月28日にスクウェア (ゲーム会社)|スクウェア(現スクウェア・エニックス)から発売されたスーパーファミコン用コンピューターRPG|ロールプレイングゲームである。2001年12月20日
るかの記録 | 2007/06/30(土) 14:11

最近のエントリー

絢爛舞踏祭(07/31)
アドベンチャープレイヤー(06/25)
神無月の巫女・第五話 感想(06/05)
祝「百合姫」発売決定!(06/04)
神無月の巫女・第四話 感想(05/14)


最近のコメント



最近のトラックバック

RPGの1日:Final fantasy VII advent children prolog(10/04)
ゲーム情報局:(07/28)
るかの記録:ロマンシングサガ(06/30)
fuukaのブログ:ガンパレードマーチ(01/28)
エンタメポータル:ロマンシング サガ(03/19)


Copyright © 2004 ラナクター研究所. All Rights Reserved.
Powered By FC2BLOG / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。