ラナクター研究所
   小説や各種ゲームの話題をまったりと語るブログ。なぜか百合風味
  >> ホーム
  >> RSS
ラナクター
Author:ラナクター
FC2ブログへようこそ!
カテゴリ
未分類(0)
小説(3)
ゲーム(6)
ゲーム(電源無し)(0)
マンガ・アニメ(0)
百合(3)
神無月の巫女(6)
過去の記事
2005月07月 (1)
2005月06月 (3)
2005月05月 (6)
2005月03月 (8)
リンク
管理者ページ
サイト内検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク | トラックバック(-) | レス(-)
(--/--/--(--) --:--)

 SAGAとロマンシング・サガとサガフロンティアの話
スクウェアエニクス社からロマンシング・サガのリメイクが出るようなので、今回は一つ関連シリーズの総評のような話をしてみようかと思います。ここでは、ゲームボーイでリリースされたSAGA三部作、スーパーファミコンでリリースされたロマンシング・サガ三部作、そしてプレイステーションでリリースされたサガフロンティアを扱います(サガフロンティアは続編が出ていますが筆者未プレイのため除きます)。

魔界塔士SAGAは、ゲームボーイの黎明期に(おそらく)初のRPGとしてリリースされたもので、「携帯ゲーム機でRPGは無謀だ」との固定観念を乗り越えて大ヒットとなりました。ハードウェア的な制限もありグラフィックやゲーム内テキストはかなり貧弱でしたが、工夫が効いていて手堅くまとまったシステムと印象的な終盤のおかげで名作としての座を確立しました。特に、武器に回数制限があるため効率の良い戦い方が要求される点、人間・エスパー・モンスターという三種類のPC種族がそれぞれ全く違った成長の仕方をする点などが成功の秘訣だったのではないかと思います。

この続編にあたるサ・ガ2 秘宝伝説は、システム的には前作の問題点を洗い出して改良を加えたマイナーアップデート版といって良いのではないかと思います。PC種族に武器を無制限に使用できるロボットが加わりパーティ編成と戦略に広がりができましたし、モンスターの変身対象に前作の中ボスが加わるなど、目立たないもののファン心理を理解した改良が加わっています。ストーリー的には、「行方不明になった主人公の父親」をめぐる余りにお約束な展開はともかく、まあ及第点といって良いのではないかと思います。この作品はやはり大ヒットをとばし、多くのファンを生みました。

残念ながら、三作目にあたるサ・ガ3 時空の覇者は過去の作品ほどの評価を得ることはなく、特に従来のファンからは批判の声の強い作品となりました。過去の二作が独自のシステムと雰囲気のもとに構築されていたのに対し、SAGA3ではこの両者を解体し、「劣化ファイナルファンタジー」とでも言うべき作品になっていたのが原因ではないかと考えます。据置型のゲーム機と比べれば圧倒的に劣ったスペックのゲームボーイにおいて、ファイナルファンタジーのクローンを作ろうとしたところで上手くいくはずもなく、SAGAをSAGAたらしめていた要素を変更することで従来のファンから見放されてしまいました。

ゲーム | 固定リンク | トラックバック:3 | レス:0
(2005/03/17(木) 14:29)

前のページ
最近のエントリー

絢爛舞踏祭(07/31)
アドベンチャープレイヤー(06/25)
神無月の巫女・第五話 感想(06/05)
祝「百合姫」発売決定!(06/04)
神無月の巫女・第四話 感想(05/14)


最近のコメント



最近のトラックバック

RPGの1日:Final fantasy VII advent children prolog(10/04)
ゲーム情報局:(07/28)
るかの記録:ロマンシングサガ(06/30)
fuukaのブログ:ガンパレードマーチ(01/28)
エンタメポータル:ロマンシング サガ(03/19)


Copyright © 2004 ラナクター研究所. All Rights Reserved.
Powered By FC2BLOG / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。